TOP

【その3】のつづき 3-6

因みに、現在市販されているヨード剤の多くは無機ヨード剤で、これは功罪ある。

というよりも害が大きいかも知れない。体にとって有益なのは有機ヨードで、これは

昆布やワカメなどの食材を食べることで摂ることが可能だ。

現在の科学常識では

有機ヨードを人工的に作ることは不可能だということになっているらしいが、実は、

日本(大阪?)で世界で唯一有機ヨードが製造販売されている。

大正時代だったか?一時日本で大ブームを巻き起こしたのだそうだが、戦後は

様々な理由から製造が中断され、某医学部大学教授の協力の下、再び製造販売が

行われるようになっているようだ。( http://yukiseiyodo.co.jp/about

新陳代謝の正常化に活が入ることでガンをはじめ、様々な病気や症状が改善されるという

理屈がわからない人には奇跡にしか思えないようなことも起こっているようだ。

有機生命体の体はー特に霊長類のヒトの体はー各細胞、各臓器など、

様々な細胞や器官が連携して成立している。しかも、60兆個の細胞のうち、

約1兆個もの細胞が僅か1日の内に入れ替わり、絶えずリニューアルされているのだ。

(正しくない喩えで恐縮だが、60建てのビルのワンフロアー分に相当するスペースが

誰にも気づかれずに毎日リニューアル=スクラップ&ビルド)されているのだ。

これを凄いと言わず、何を凄いと言うのだろうか?!

.

最終更新日:2015-05-05 01:04

コメント (0)