TOP

【人体総論からみた現代医療の矛盾点など その3】 保存版

私たちの健康や疾病など、或いはそれにまつわる様々な事象を考えるとき、

一般には生物学的な、或いは生化学的な観点から考察することが殆どであるが、

先日お伝えした三角医師は「発生学」的な視点を多用して説明してくれた。

実は、「発生学」や「骨学」など、東洋医学では割と重要視される視点が現代医学では

殆ど重要視されることはない。

実際、大学の講義でも1コマや2コマ程度の学習時間しか割り当てていない。

「一応教えましたよ」といった扱いだ。少なくとも私のいた大学医学部ではそうだったが、

恐らく他の大学医学部でもほぼ同様なはずだ。(但し、東大医学部はどうか知らない・・・)

この「発生学」的思考は驚くほどに役立ちそうなので、おさらいも兼ねてここで

少しだけ詳しく説明しておきたい。(何故、役立つのかは後述する。まずは

基本的な説明から・・・)

受精卵は2分割、4分割、8分割、16分割、32分割という感じで卵割を繰り返し、

最後は60兆個の細胞集合体であるヒトとなる。

①その過程の初期段階で内胚葉から原始腸管が出来、そこから前腸、中腸、後腸が出来る。

前腸から原始咽頭が出来、そこから「中耳、副甲状腺、胸腺」、「口腔、舌、咽頭、甲状腺、

気管、肺」、「食道、肝、膵」等が出来る。

中腸からは「十二指腸、空腸、回腸」等が出来る。そして、後腸からは「結腸、直腸」、

「膀胱、尿道、膣前庭、バルトリン腺、前立腺」等が出来、

食道~直腸までの消化器系器官とその周辺が形成される。

また、内胚葉は原始生殖細胞を形成し、そこから「卵細胞、精子」が出来る。

極端に言うと、これが生命にとって最も重要な器官や細胞だと考えておいていい。

②次に、中胚葉から脊索中胚葉、沿軸中胚葉、中間中胚葉、側板中胚葉、血管芽細胞

が出来、脊索中胚葉からは「脊索」が出来、沿軸中胚葉からは「真皮、筋、骨、軟骨」、

中間中胚葉からは「性腺(精巣、卵巣)、精管、膀胱三角、尿管」が出来る。

また、側板中胚葉からは「卵管、子宮、膣上部」と「心嚢膜、胸膜、腹膜」、「副腎皮質」が出来、

血管芽細胞からは「心内膜、血管内膜」と「脾、リンパ、骨髄、血球」が出来る。

これも極論だが、中胚葉由来の器官などが2番目に重要なグループということになる。

そして、最後になるが・・・

つづく

.

最終更新日:2015-05-05 00:52

コメント (0)